上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古川祭が中止となり、町は静かです。

ですが、耳より情報をゲットしました。

飛騨市古川町には、

「飛騨古川まつり会館」

という施設がありまして、そこでは本物の祭屋台を
常時3台展示しているのですが、
毎年春の祭の時と秋と施設内で展示する屋台の入れ替えを行っています。

今年は、祭はやらないので、屋台の入れ替え作業
だけが行われます。

屋台交替は

4月16日 午後1時~
まつり広場

で行われます。
現在展示されている青龍台、三光台の2台が搬出され、
白虎台、金亀台、神楽台の3台が搬入されます。

ということで、ほんの少しの時間
まつり広場には5台の屋台が並ぶことになります。

この日、飛騨へお越しの方は
まつり広場を覗いてみよう!
ラッキーなら5台の屋台が見られるかも!

※16日が雨の場合は、17日(日)午前9時から行われる予定です。
また、時刻は予定ですので、作業の進行状況、天候その他の事情により多少前後します。
スポンサーサイト
古川祭はここから始まる。

そう、抽籤祭が3月6日に行われました。

そして、今年の主事は、

起し太鼓主事 白虎組
屋台主事   青龍台 

に決定。
各台組の方々は、どのような心境なのでしょうか。

主事が決まるとようやく起し太鼓の順路やら
色々なことが動き出します。

いよいよ、せわしくなってくるぞ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。