上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ここんところ飛騨市にも雪が降りさぶなってきたんやけど
この季節 飛騨のあちこちで見られる光景は 漬物の菜洗い
水も冷たくなって 大変なこの時期に飛騨の女の人たちは冬の間に食べる漬物の菜洗いに精をだすんやさ~s-PIC_0020.jpg
 丹精かけて畑で育てた赤カブや白菜を丁寧に洗って樽に漬け込む。。 雪深い飛騨ならではの保存食なんやさ~~ 自分のところで作ったのは添加物もなしで安全なんやけど これを春まで保存して食べるには 塩の分量や 重石の重量 保存場所 など など  なかなか難しい。 誰もが簡単につけているようでも その年によっては失敗あり 同じ分量でも家によって味が違うなど 奥の深い~~い料理なんやって!! 私も美味しいと評判の人に習って分量もしっかり計量して漬けるが 同じ味にはならない  なんで===???  
 今日は赤カブのべったら漬けを見せてもらったんやけど s-PIC_0009.jpg
こうやって まず赤カブを塩ずけにしておく。 これを下漬けというそうなんやけどs-PIC_0015.jpg
これを一度ざるにあけて 今度は用意したべったら漬けの素で漬け込む
s-PIC_0017.jpg
そしてこのように重石をのせて保存する

まぁ 簡単にいうとこうなんやけど 実際は 手取り足取りで教えてもらわんとできんような気がした。

 早く食べれるといいな~~
スポンサーサイト
2008.11.21 神社調査2
zinnzya




zinnzya

どうして狛犬が逆立ちしているんでしょうか・・・・。
疑問に思いつつ帰宅 

飛騨市神岡町 土 白山神社 map
                                                    山腰
2008.11.21 雨の白木峰
少し前のことになりますが
11月3日


白木峰(1596m)map
観光資源調査へ行ってきました。

当日朝は曇り
観光協会のサクシードで颯爽と出発
のはずが・・・
登山口までは猛烈な悪路 
道の凹凸で
ゴン!ゴン! 腹を擦るところか打ちながら
登山口に到着・・・。

さぁいざ出発
登山中は理事の岩佐先生に
ガイドしていただき
岩佐先生

飛騨の自然の豊かさに感動しながら
脚は疲労でピクピクしながら


疲労コンパイの一部参加者からは、
「ヘリを呼べ!」
「車をまわせ!」
と無理な注文を浴びせられつつ

いざ山頂へ

白木峰

ベースキャンプ(観光協会サクシード)より
山頂アタックを開始して3時間
途中雨に見舞われながらも
無事登頂に成功!!
白木峰



天気には恵まれませんでしたが
夏の晴れた日には
コバイケソウの間を歩き

山頂からは遥か立山連峰,富山湾まで
観られるそうです。

う~ん そんな時期そんな天気の時に行ってみたい!!

                                        山腰
そば3

大盛 1.5人前です。


11月15日(土)、16日(日)の
2日間、飛騨市数河map
そば祭りがありました。

数河高原は標高900メートルあることから
蕎麦作りには適しており、
おいしい蕎麦ができる土地です。

今回は
数河緑地管理センターで開催されました。
そば1

この数河高原新そば祭りのそば、うれしいところが2つありました。

その一
そば5
薬味のわさびは天然すりおろしですなぁ~
数河はきれいな水が流れていることから
わさびも採れます。

その二
そば7
地元のおばちゃんが漬けた
漬物ですなぁ~ 

今年で3回目を迎えた本イベント。
2日間で500食を売り上げたそうです。
蕎麦の味は絶品!!



  




2008.11.14 神社調査1
道なき道を進むジムニー

z6

すでに未舗装路を走り始めて
1時間・・・。

神岡の街ははるか下に見えます。z1

と、なぜそんな山奥に行ったのか・・・・
といいますと
現在、観光協会では飛騨市の神社調査をしています。
それらを整理し、観光客の方だけでなく地元の方にも
こんな神社・お祭りがあります、ということを発信しよう考えています。

飛騨市には約107の神社があり、
昨日はその中でも特に奥地にある神社「白山神社」(飛騨市神岡町笈破 map
に、午前中行ってきました。

神岡町市街地から未舗装路を走ること約1.5時間。
その神社は見えてきました。
うっそうと茂る杉林。
なにか人を寄せ付けない
神秘的ともいえる雰囲気。
z10


30段ほどの階段を上った先に
白山神社はありました。
z3

隣に鎮座する狛犬がこの神社の歴史を感じさせます。
z4
以前は木造建築だったそうですが
豪雪地帯のため、建物が雪に耐えられず
現在の形になったそうです。

この神社がある「笈破」集落は、現在は誰も住んでおらず
点在する石垣が、かつて人々が住んでいた事を証明するのみです。
z10

しかし、今でも雪解け後、
五月下旬または6月上旬には祭を
行うそうです。
道が悪く車高の高いRV車でしか
来ることのできないこの神社に50人前後の
人々が集い神事を行うとのこと。
かつてこの地に住んだ人々の信仰心の厚さ
を強く感じました。

                                 山腰






2008.11.14 宮川そば祭り
11月9日 
宮川町種蔵で「そば祭り」が行われました。mapそば8


当日はそば以外にも「芋田楽」や
「イワナの塩焼き」が振る舞われました。
そば5
この「田楽」ミソじゃなくてエゴマをつかってるとこがミソ・・・

そして
主役のそばは手打ち
そば9
そば1
「なめこソバ」と「ざるソバ」を
いただきました。

蕎麦粉は宮川町固有の品種をつかった、こだわりのソバ
ソバのコシ、風味を堪能しました。


                                                山腰
2008.11.05 地歌舞伎公演
 11月2日に 河合町公民館で 第11回河合町文化祭が開催されたんやさ~~
 当日は 河合町の人達や子供の 作品展示や バザー など盛り沢山・・・
 でも何と言っても、みんなの楽しみは『歌舞伎公演』 河合町伝統芸能保存会のかたが 手作りで毎年やっとるんや
 その前に かわいい河合保育園の子供たちのお遊戯

s-RIMG0385.jpg

 大きな口を開けて歌う河合小学生の子供たちs-RIMG0410.jpg

 
そして・・・お待たせいたしました!!
 『地歌舞伎』 登場
 s-RIMG0420.jpg

 河合町の町民による 手作り芝居の始まりやーーー  5人男は 実は男でなく女なんや
 河合町は女性が強いんかい??  なんて思われるかもしれんけど 今年は男衆が 皆都合悪う~てな、 女歌舞伎になってまった  5人のうち経験者は2人、残り3人は初舞台ってことなんやけど。
なかなか堂々たるもんで 大したもんや~~  後ろは小学生なんやけど これもまた女の子。なかなか可愛かったでな===
 客席も超満員でな~~~

s-RIMG0417.jpg

 みな拍手喝采 よかったで~~~~~~~~~~

また来年楽しみやな



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。