上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神岡町柏原に大きな桜の木があります。
その名は「紺屋(こうや)桜」

昨夜(4月24日夜)車で柏原を走行中、

IMG_3637.jpg


幻想的にライトアップされた
このシダレザクラに
思わず車を止めて
シャッターをきりました。
IMG_3632.jpg

高さ約10メートル樹齢百数十年の
この桜。開花中、午後6時から11時
までライトアップしています。

IMG_3636.jpg
                                 山腰
スポンサーサイト
2009.04.17 古川祭の練習
4月15日 今年の起し太鼓主事である「青龍台組」の囃子とからくりの練習を見に行ってきました。

玄関をあがるとさっそく御囃子の練習をする子供たちの姿が。

IMG_3328.jpg

小学校3年生から中学生の子供たちが真剣に練習をしていました。指導する大人たちの厳しい目が光り、たびたび「しっかり吹かんか!」とゲキが飛びます。

IMG_3334.jpg

ひぇ~ こんなに厳しいとは!!びっくりしました。

2階に上がると大人たちがからくりの練習をしていました。

IMG_3347.jpg

青龍組では10名でからくりを操るんですが、このからくり、私も間近で見たのは初めてだったんですが、すご技なんです!

途中で線を抜いたり、ピンを一本外すことでからくりの重みで自然に亀の甲羅が開いたり、ほんとに巧妙な仕組みで驚きました。

当日は、狭い屋台の中で10名の男たちが25本の糸でからくりを操るんで、どうやって場所とか変わるんだろうなぁって不思議やし、よく糸が絡まったりしないなぁと。

きっとこうゆう真剣な練習の積み重ねなんですね。
IMG_3342.jpg

本番、楽しみにしてます
東京大阪名古屋に遅れること
数日。
飛騨市の桜も見ごろを迎えました。

IMG_3317.jpg

今宮橋からはライトアップされた
桜が最高にきれいです。

IMG_3320.jpg

地球に生まれてよかったー!!

と思えるほどのハッとする
美しさです。                         山腰 
ついに飛騨市でも桜が咲き始めました

IMG_3307_ss.jpg
まだ2分咲きくらいでちっちゃいつぼみの方が多いですが・・・

いやぁ 春はやっぱりいいですね~
なんかウキウキしますね。
古川町では19日、20日に古川祭なんですが、それまで咲いていてほしいなぁ
4月5日 日曜日
飛騨古川の観光名所である瀬戸川に鯉を戻す「鯉の引越し」が行われました。

冬季、積雪が多い飛騨地方では瀬戸川は雪を流す大事な用水路になるため、瀬戸川の鯉たちは別の池で越冬しておりました。

ということで冬の瀬戸川はさびしい感じがして地元では春がきて鯉を戻せるこの日を心待ちにしておりました。

朝早くに鯉が越冬していた池にボランティアの方、飛騨市職員の方、私たち観光協会のスタッフが集合。みんなで網を使って鯉を追い込み、捕まえて軽トラックに。

IMG_3240.jpg

その後計トラは瀬戸川へ行き、鯉たちを瀬戸川へ放します。
この作業を何度となく繰り返し、作業はお昼頃に終了。

IMG_3281.jpg
この「鯉入れ」は飛騨古川の春の風物詩として多くのマスコミの皆さんも
取材に見え、その日のニュースでも放送されました。

やっと鯉たちが生き生きと泳ぐ瀬戸川を見ることができるようになりました!
皆さん、ぜひ賑やかになった瀬戸川を見に来て下さいね。
瀬戸川_夏_063

4月3日
飛騨古川祭の
「順路危険個所点検」と「全体会議」が行われました。

危険個所点検とは・・・・
起し太鼓順路に危険な側溝や障害物はないか
また屋台曳行において進行の妨げとなる低い電線はないか
などを実際の順路を歩きながらチェックするものです。

当日は、起し太鼓主事・屋台主事・各台組総代のほか
警察や消防、NTT、中部電力のかたなど計40名に参加頂きました。

machinami 001

絢爛豪華な屋台が電線により進路を妨げられないように
BSW_2310▲


途中途中で竿をつかって電線の高さをチャックします。

machinami 003

午後からは
全体会議を開催しました。
machinami 018
起し太鼓の順路や屋台行列、
交通規制などについての確認が
行われました。



いよいよ祭まで残すところ約10日。
BSW_2810.jpg
BSW_2986●
(H19 飛騨古川祭 神様撮影)

飛騨市はいよいよ盛り上がってきています。         山腰

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。