上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.29 すべり地蔵
先日、某テレビ局から山之村の「すべり地蔵」について
問い合わせがありました。

すべり地蔵とはコチラ
DSC_0666.jpg

DSC_0671.jpg

このお地蔵さん、実は背中の部分が擦り減ってしまい、
すべすべになっています。

実は、こんな云われ(←ここクリック!)がある、お地蔵さんなんです。

不思議な伝説ですなぁ~                         山腰





スポンサーサイト
今日の神岡は快晴!!
朝に雪が数センチ積ったこともあり
外の景色はなんともいえず
ナイスですねェ~

画像 016


抜けるように青い空と
白く雪化粧をまとった山

画像 006




画像 007


う~ん
ナイスですねェ~


                                      山腰 茂雄

みなさんは、飛騨の「飾り物」という文化をご存じですか?

飛騨の一部で昔から続いている身近な身の回りの道具を使って、別のものを表現するいわば「しゃれ」のようなものです。

飛騨市古川町の「さくら物産館」では、今月31日までこの「飾り物」の展示をしています。

今日はその作品の中から私のお気に入りを何点かご紹介します!

s-IMG_5785.jpg
これは、めっちゃシンプルで思わず笑ってしまった笛を使った作品。普通に列車に見える!

s-IMG_5783.jpg
これは、ろうそくの燭台を虎に見立てたもの。今年の干支だけにめでたい感じですね。

s-IMG_5782.jpg
これも同じく「虎」を表現した作品ですが、この作品の作者竹林さんは地元の大工さん。普段から愛用している大工道具を上手く使っている、大工さんならではの作品。粋ですね。

この「飾り物」で使われる道具は元々は、日常生活で使われる身の回りの道具でしたが、現在ではあまり見ることのできない珍しい道具を見る機会にもなっています。

ただこの文化の継承を考えると、今後は現在の私達が使っている最近のもので作られた作品がでてきてもおもしろいかもしれませんね。たとえば、i-podとか・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。